応用生物科学専攻 動物栄養科学分野/京都大学農学研究科

動物栄養科学分野

動物のQOL・生産向上に向けた基礎栄養科学の確立

動物栄養科学とは、食物に含まれる栄養素の代謝と働き、過不足の影響などについて論ずる科学です。培養細胞や実験動物を用いた基礎栄養科学から、直接動物生産に貢献する応用動物栄養科学まで、分子生物学的手法、メタボロームやメタロームなど新しい手法を用いた幅広い研究を行っています。さらに、動物生産で重要な動物成長の分子生物学まで研究を展開しています。

栄養素の過不足を検出する

スクリーンショット 2019-04-09 14.14.32

過不足に対する防御機構を解明する

スクリーンショット 2019-04-09 14.14.45

理想的食餌の量・質・時期を決定する

スクリーンショット 2019-04-09 14.14.56

キーワード

微量栄養素、代謝調節、アミノ酸代謝、TGF-β、遺伝子発現調節、実験動物、肥育牛、培養細胞

教 授 : 松井  徹
准教授 : 舟場 正幸
助 教 : 友永 省三
TEL:075-753-6056
E-mail:matsui@kais.kyoto-u.ac.jp
URL:http://www.jnutr.kais.kyoto-u.ac.jp/