応用生物科学専攻 動物遺伝育種学分野/京都大学農学研究科

動物遺伝育種学分野

資源動物の遺伝現象を解析・解明し育種改良と保全につなげます

資源動物の多様な有用機能と生産物の利用は、人類の生存と生活にとって必要不可欠であり、われわれは多くの動物によって支えられています。本分野では、統計遺伝学的手法および分子遺伝学的手法により、種々の動物遺伝現象を解きほぐす基礎研究から、育種改良の実際に係る応用研究にいたるまで、広範多岐にわたる遺伝育種研究を展開しています。
また、希少動物の保全と保護増殖、地球温暖化と野生動物の適応小進化など、多様な研究に取り組んでいます。

動物の遺伝現象の解析と解明

動物遺伝育種学分野 有用形質の遺伝的解剖

有用遺伝子の探索・同定・機能解析を行い、形質発現の分子機能と遺伝子ネットワークの解明を進めている。資源動物においても全ゲノムのシーケンスが進んでいる。また、QTL(量的形質遺伝子座)解析は新しい段階に入り、有用形質の遺伝的解剖は非常に面白くなってきている。(画像は、有用形質の遺伝的解剖)

資源動物の育種改良の推進

動物遺伝育種学分野 資源動物の育種改良

例えば、和牛は、日本人が長い年月をかけて改良し、作出してきた唯一の在来大家畜であり、良質のタンパク質を生産する世界の遺伝資源である。様々な遺伝学的手法により、和牛を含む種々の資源動物の有用形質を評価し、改良を推進するための研究を行っている。

希少動物の遺伝的多様性の評価

動物遺伝育種学分野 佐渡トキ保護センター

国際保護鳥トキの増殖と試験放鳥が国家的プロジェクトとして進められている。トキ保存集団の遺伝的多様性の情報は、プロジェクトを推進していく上で非常に重要な情報である。トキのDNAマーカーを開発するとともに、MHC遺伝子による個体分類などにも取り組んでいる。(画像は、佐渡トキ保護センター提供)

キーワード

量的形質、質的形質、遺伝子ネットワーク、遺伝子効果、DNA解析、QTL(量的形質遺伝子座)解析、遺伝的解剖、ゲノム評価、DNAマーカー選抜、ゲノム選抜、SNP(一塩基多型)、育種改良、和牛、能力評価システム、遺伝的多様性、希少動物、動物保全

教 授 : 祝前 博明
助 教 : 谷口 幸雄・松田 洋和
TEL:075-753-6322
E-mail:iwaisaki@kais.kyoto-u.ac.jp
URL:http://www.jkaabs.kais.kyoto-u.ac.jp/