応用生物科学専攻 海洋生物環境学分野/京都大学農学研究科

海洋生物環境学分野

豊かな海を守り、海洋生物の生態を解明

海洋における生物資源を生み出す海の仕組みを明らかにし、それをモデル化することで、海洋生態系の豊かさを維持する手法・方策の研究を行っています。また、海洋生物の生態を直接計測するバイオロギング・バイオテレメトリーの手法を開発・応用する研究を行っています。

沿岸海域における生産性変動機構の解明

海洋生物環境学分野 海砂採取が中止された海域にできたアマモ場

瀬戸内海や伊勢湾、大阪湾などの内湾域における栄養塩の変動および低次生産機構を、現地調査と数値シミュレーションによって解明し、沿岸域の環境管理に使用できるツールの開発を行っている。(写真は、海砂採取が中止された海域にできたアマモ場。アマモ場は多くの海洋生物の生息場所となる)

安定同位体を用いた海洋生態系の解明

海洋生物環境学分野 三重県櫛田川河口域における二枚貝とその餌料の炭素・窒素安定同位体比

海洋生物や水中の有機物、海底堆積物中の窒素・炭素安定同位体を測定・解析し、栄養塩・有機物のフローと沿岸域の生態系の解明を目指している。右図では、アサリやシオフキは海産植物プランクトンや底生珪藻に近い同位体比をとる一方、シジミは陸起源有機物に近いことが分かる。これはアサリやシオフキは海産有機物を選択的に同化しているのに対し、シジミは陸起源有機物を同化していることを示している。(写真は、三重県櫛田川河口域における二枚貝とその餌料の炭素・窒素安定同位体比)

バイオロギング・バイオテレメトリーによる水圏生物の生態解明

マイクロデータロガーや超音波発信機などの情報機器を利用した水圏生物の行動などの生態解析ならびにこれらの機器開発を行っている。タイ国でのメコンオオナマズの追跡調査、240 m水深でのズワイガニのバイオテレメトリー調査など、フィールド調査を国内外で行っている。

キーワード

海洋環境、沿岸海洋、富栄養化、基礎生産、生態系、栄養塩動態、安定同位体、フィールド調査、数値シミュレーション、バイオロギング、バイオテレメトリー

教 授 : 荒井 修亮
准教授 : 笠井 亮秀
助 教 : 小林 志保
TEL:075-753-6215
E-mail:arai.nobuaki.8c@kyoto-u.ac.jp
URL:http://www.butsuri.marine.kais.kyoto-u.ac.jp/