応用生物科学専攻 海洋生物増殖学分野/京都大学農学研究科

海洋生物増殖学分野

魚類の生理・生態・系統

海洋の多様な生物資源を持続的に利用するためには、そこに生息する生物に関する基礎知見の集積が不可欠となる。当研究室では、主に魚類を研究対象に、生理、生活史、系統分類などのテーマを生きものと環境との関係という視点より解析し、海洋の多様な生態系を維持しながら資源の有効な増殖的利用に貢献することを目標に研究を進めている。

魚類変態のホルモン調節機構

海洋生物増殖学分野 内分泌学的・個体生理学的な手法を用いた研究

カエルと同様に魚にも、幼生の形から親の形へと大きく形が変化(変態)するものがある。例えばヒラメやカレイは体の左右が最も異なる動物であるが、左右対称な仔魚(幼生)から変態期にどのようにして左右が異なった形に作り変えられるかを、内分泌学的・個体生理学的な手法を用いて研究している。

魚類仔稚魚の生態・遺伝学的研究

海洋生物増殖学分野 有明海特産種エツの飼育とヒラメ成長試験

魚類増殖の基礎となる、各種の初期生活史や個体群構造等の研究を水産重要種について行っている。また、川と海を行き来する魚類や河口域を成育場とする魚類の生態・遺伝的研究を通して河口域の機能解明を目指している。(写真は左が有明海特産種のエツ、右がヒラメ成長試験の様子)

魚類の系統分類学

分類学は生物多様性の単位である分類群の輪郭を研究し、系統学は生物の進化を基礎にして分類群間の系統関係(由来)を追求する。系統分類学は、これらふたつの学問領域を総合し、生物多様性を階層性で示した分類体系として表現する。当分野では、京都大学総合博物館所蔵の魚類標本コレクションを基礎とし、比較形態と分子解析によって海産魚類の分類学、系統学、系統分類学、ひいては生物地理学の研究を行っている。現在は主に対馬暖流域、黒潮流域沿岸の魚類を対象としている。

キーワード

変態、ホルモン、個体生理学、初期生活史、個体群構造、有明海、河口域、系統分類、比較形態、新種、地理的変異、進化

准教授 : 田川 正朋
助教 : 中山 耕至
教授 : 中坊 徹次(総合博物館)
TEL:075-753-6221
E-mail:zoshoku@kais.kyoto-u.ac.jp
URL:http://www.stock-enhancement.marine.kais.kyoto-u.ac.jp/