応用生物科学専攻 里海生態保全学分野/京都大学農学研究科

里海生態保全学分野

森から海までの生態学

里海生態保全学分野は、フィールド科学教育研究センター舞鶴水産実験所に所属する農学研究科の協力分野です。水産重要魚介類を中心に、生き残り、成長、行動、系統分類などについて、初期生活史に焦点を当てて多様な視点から研究を進めています。また、森林や里の環境と人間活動が、河川、河口、沿岸域の水圏生物の生産と多様性に与える影響を研究しています。陸域の生態系が劣化し、森から海までの健全なつながりが分断されたために、海の生態系がおかしくなっているという仮説を検証し、そのメカニズムの解明をめざします。

水圏生物は森を食べているか

里海生態保全学分野 由良川での調査

炭素と窒素の安定同位体比により、河川や沿岸域に棲む水圏生物が何を食べているかを知ることができます。また、川や海の水中懸濁物の起源(陸上植物、植物プランクトン、底生付着藻など)を調べることもできます。川に暮らす生物の多くは森林由来有機物を食べていますが、海の生物は木の葉などのまずくて消化しにくいものは、食べないことがわかってきました。(写真は由良川での調査(左)と、調査で採集されたスズキの稚魚(右)。河口はスズキ稚魚の重要な成育場)

魚類心理学

里海生態保全学分野 エチゼンクラゲの触手に寄りつくマアジの稚魚

魚類心理学研究では、魚の行動や生態に関する諸々の疑問を明らかにすることを目指します。魚はなぜ群れを作るのか、魚はどれほど賢いか、魚
は夜眠るのか、環境や捕食者にどのように反応するのか、などのテーマに取り組んでいます。(写真はエチゼンクラゲの触手に寄りつくマアジの稚魚)

魚類の多様性を探求する

里海生態保全学分野 北太平洋の深海に生息するザラビクニンと

地球上には約25,000 種もの魚類が生息しており、日本でも約4,000種が見られます。魚類は、形態的・生態的な多様性に富んでおり、様々な環
境の水域に巧みに適応しています。日本海をメインフィールドに、「種多様性」とその「歴史」を探求する系統・分類学的研究を行っています。(写真は北太平洋の深海に生息するザラビクニンとその分子ネットワーク樹)

キーワード

水圏生物、魚類、初期生態、生活史、生物生産力、生物多様性、行動、環境、森里海連環学、海洋学、生態学、魚類心理学、系統・分類学

教 授 : 山下  洋
准教授 : 益田 玲爾
助 教 : 甲斐 嘉晃・鈴木 啓太
TEL:075-753-6410
E-mail:yoh@kais.kyoto-u.ac.jp
URL:http://www.maizuru.marine.kais.kyoto-u.ac.jp/