応用生物科学専攻 生殖生物学分野/京都大学農学研究科

生殖生物学分野

生殖細胞の発生生物学と発生工学

家畜を含む、哺乳動物の増殖に関わる現象のなかで、特に受精から着床に至る胚発生の制御メカニズムの解明と、精子や卵などを形成する生殖幹細胞の分化と増殖、体細胞などの分化細胞の脱分化とリプログラミングの機構解明と動物生産への応用に関する研究を進めている。

哺乳動物卵子の発生と分化

生殖生物学分野 受精後4日目のマウス胚盤胞期胚

実験動物ならびに家畜卵子の体外受精と体外培養系を確立し、それによって卵子の発生と分化の調節機構を解明する。主に、(1)ウシ体外受精卵の発生を調節する卵胞細胞とのコミュニケーションについて分子レベルで解析を行っている。(2)マウス胚の初期発生と分化に作用する因子および胚ゲノムの発現について分子細胞生物学的解析を行っている。(画像は、受精後4日目のマウス胚盤胞期胚)

クローン動物とリプログラミング

生殖生物学分野 体細胞クローンミニブタ

核移植技術を用いることによって、分化した体細胞から個体の再構成が可能になった。しかし、分化細胞がどのようにして分化全能性を再獲得するのかについては不明である。クローン個体形成過程の分化細胞のリプログラミング機構について、細胞生物学的、分子生物学的手法を用いて検討している。(写真は、体細胞クローンミニブタ)

多能性幹細胞株の樹立と細胞分化の制御技術の開発

生殖生物学分野 ブタのiPS細胞株とウシ精巣中の多能性幹細胞

ほ乳動物の幹細胞から多分化能を有する未分化幹細胞株を効率よく樹立する手法を開発し、これらの細胞から個体・組織を再構成するための細胞分化制御機構および遺伝子組換え動物作出のための技術開発を行い、家畜の改良などへの応用をめざしている。(画像は、左がブタのiPS細胞株、右がウシ精巣中の多能性幹細胞)

キーワード

ほ乳動物、家畜、受精、体外受精、体外培養、初期発生、胚ゲノムの活性化、リプログラミング、クローン、核移植、卵成熟、精子成熟、精子形成、細胞分化、多能性細胞、ES細胞、iPS細胞、遺伝子組換え動物、生殖細胞、エピジェネティックス

教 授 : 今井  裕
准教授 : 山田 雅保・南 直治郎
TEL:075-753-6057
E-mail:imai@kais.kyoto-u.ac.jp
URL:http://www.reprod.kais.kyoto-u.ac.jp/index.html