応用生物科学専攻 植物遺伝学分野/京都大学農学研究科

植物遺伝学分野

生命の設計図である遺伝子・ゲノムが次世代に伝わる仕組みを科学する

遺伝とは遺伝情報が親から子に伝わることであり、すべての生物の生命活動にとって最も重要な事象です。遺伝学(genetics)では、遺伝の仕組みや物質的基礎を明らかにします。本分野では、分子細胞遺伝学的及び分子集団遺伝学的手法により、植物の染色体・ゲノムの構造、機能、変異及び操作の研究を行っています。

コムギ、ライムギやオオムギの染色体を操作する

植物遺伝学分野 コムギ、ライムギやオオムギの染色体を操作

コムギには染色体を切断する遺伝子があり、これを使うとムギ類の染色体を繋ぎ変えることができます。この仕組みを利用してライムギやオオムギが持つ病害抵抗性などの有用遺伝子をコムギに導入したり、ムギ類のゲノム解析や遺伝解析に有用な実験植物群を作出しています。

DNAマーカー技術と遺伝資源を活用してコムギの有用遺伝子を同定する

植物遺伝学分野 DNAマーカー技術と遺伝資源の活用によるコムギ有用遺伝子の同定

コムギはヒトゲノムの6倍近い巨大なゲノム(17 Gbp)を持ちます。ゲノムという大海の中から迷子にならずに迅速に有用遺伝子座を見つけ出すシステムの開発をしています。また、コムギの在来系統・野生種のもつ遺伝的多様性を育種に生かせるようなシステムを構築しています。これらのシステムを活用してコムギの有用遺伝子の機能を明らかにしたいと考えています。

土壌微生物を対象とした群集遺伝学・生態学的研究

次世代シーケンサを用いたメタゲノム・メタトランスクリプトーム解析によって、日本の温帯林や東南アジアの熱帯林の土壌微生物(細菌やカビ)の群集構造(組成や多様性)を集団遺伝学や生態学の観点から解析している。また、同様の方法により、パンコムギ倍数性進化に伴う遺伝的変化と根圏微生物の群集構造の関係を解析している。

植物を対象とした分子集団遺伝学的研究

植物自然集団に存在するDNAレベルの変異の量とパターンを集団遺伝学的に解析している。栽培植物の育種に必要な遺伝資源の発掘・確保や栽培化の機構解明のために重要な情報を得られると考えている。コムギ・エギロプス属、アブラナ科、イネ属、マメ科などを解析している。

キーワード

コムギ、ライムギ、オオムギ、染色体、ゲノム、分子細胞遺伝学、分子遺伝学、染色体工学、メタゲノム、メタトランスクリプトーム、土壌微生物

准教授 : 宮下 直彦
助 教 : 那須田 周平
TEL:075-753-6145
E-mail:nasushu@kais.kyoto-u.ac.jp(那須田)
URL:http://www.plant-genetics.kais.kyoto-u.ac.jp/